がんばるみみちゃん

年をとることに逆らって、少しでも、明るく楽しく過ごしたいと 頑張る日々を書き込みます…
MENU

友からの暖かさが届きました…

聞いて~~!
t-karender-0
何も流行の風邪など貰わなくても良いのに引いてしまいました。熱は、下がったのですが咳が出始めたら止まらない、そんな猛烈な咳が残ってます…・ 凄く苦しいですよ…・咳が終わって何か舌に残るものがあるので調べっると、アンコの皮だったり、ゴマ粒だったり、その時に食べたものが喉にへばりついたりしています…・ いや~ですね・・・これも年を取ったせいかしら…・
外出も控えめにしていましたらポストに何やら…・ 大きな袋の後ろを見ると友の名が…・ 彼女は、こんなに書けるはずがないのでは…・きっと、娘さんが代筆して下さってるのでしょう…・
早速封を開いてみました。 上の表紙のカレンダーが入っていました。
t-karender-1
彼女は私が娘時代に勤めていた金融機関の仲間です…
この務めは、坊ちゃん、嬢ちゃん、ご隠居さんの勤めだと言われる位、和やかでゆったりとした務めでした。
だから皆仲良しで勤めが終わった後とか日曜祭日とかも皆、仲良く遊んでいました。
その中でも1番若く、1番明るく、1番現代的なオシャレをする素敵な子がこの彼女でした…・

t-karender-2
その彼女も私たちもお嫁にいく年ごろになりそれぞれ家庭を持ち少しだけ、ご無沙汰してました…・
或る程度落ち着いた頃、また皆が集うようになりました。 それぞれに、どっしりして幸せそうな様子でした… その中、彼女は相変わらず、キラキラ輝いて若さいっぱいのママになってました。

t-karender-3
何時も溌剌としてた彼女が病魔に襲われたのは、それからだいぶたったころだと思います…・
集まりには必ず薬を持参し、ハンドバックの中にはバナナがおさめられているのが常でした。 と言うのは、薬を飲む前に胃を痛めないようにバナナを食べてから薬を飲むのだそうです…・
皆で1泊旅行に行った時彼女は途中で手がブルブル痙攣をして苦しそうでした…・ すぐバナナを食べ薬を飲むと言うコースを実行しました…・
ものの5分もしないうちにピッタ!と痙攣は治まりました。
t-karender-4
その頃から彼女の病状も進んだようです… パーキンソン病だったのです…・ 私たち元気なものには、その病気を理解をするのですが完全には解かりませんでした。
それから、皆の前に現れないと思っていたら手術を受けてたそうです…・ 同じ時期私も突発性難聴、心筋炎、人工関節、甲状腺癌と驚く位、お医者さんと仲良しになってしまいました…・
出来るだけ、同じ人生なら明るく過ごそうと前向きになる努力をしてきたつもりです… t-karender-3
この彼女も同じ気持ちだと思いますよ…・同じ仲間だったから…・
手術の経過は、やはり思ったより大変なようです…・ 私も同じです…手術すれば楽になれると張り切ってたのですが今1歩思うようになりません。
彼女もこの間、電話でお話ししたのですが頭と胸に器械が入ってるとか…・ 電池が切れてしまったら大変だそうです… 娘さんが傍についてくれて優しい旦那様に支えられて、頑張ってっるって言ってました…・

t-karender-6
風邪位でショボクレている私のもとにこのような暖かいプレゼントと来年1年、楽しくお過ごしくださいと添え書きを入れて送って下さいました… 私の胸がふぉわ~~んと暖かくなるのを感じました。 そして、私も、暖かく大きな人間になろうと自分に言い聞かせました…
ありがとう!Tさん!! お互い来年は元気になろうね…・
約束した新年会、皆で待ってるからね…・

(この場をお借りして仲間にも見せてあげたかったのと娘さんにこのブログを開いて貰ってTさんに見せて貰いたいと思いました。ありがとうございました)

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。