がんばるみみちゃん

年をとることに逆らって、少しでも、明るく楽しく過ごしたいと 頑張る日々を書き込みます…
MENU

こんな具合でした。

こんなところでこんな具合
今回の手術は、3年前に手術したものが痛くて堪らずにいたら、甲状腺の時にお世話になった先生が「そんなに痛いなら、紹介して上げますよ…・」と言うことで同じ東大病院にお世話になりました。
今はインフォームドコンセプトとか言いますけど前に掛かった病院には、言いませんでした。 痛いと言っても自分の手術は間違ってない、痛いのは腰から来るもの、
それならどうすればよいのですか?と聞いたら痛みどめを止め、安定剤を出すから1ヶ月後に経過を診せて下さいと言われました。
この時もらった薬は袋に鬱に聞くと書いてありました。
確かに腰痛はストレスからくる時もあると最近学会で、言われるようになりましたがそのことはTVなどから得たもので先生から説明されたものではありませんでした。
後、数日で再手術と言う時だったので私は何も言わずに帰ってきました。

konnaguai-1
5月13日入院、病室は前回入院した同じ病棟、フロアーが6階になっただけでまるっきり変わりなし…二人部屋で窓際だから…
談話室からスカイツリーが見えるのも同じ…・

konnaguai-2
手術する足のマーキング・・・
甲状腺の時はドラえもんを主人が希望して描いて貰ったのだが今回は矢印・・・描けないからですって・・・

konnaguai-3
手術は15日朝1番、8時30分から13時まで掛かったようです。
8人位のスタッフで臨んだようです…
局部麻酔とのことでしたが私はオッカナガリ屋だから全身麻酔にして下さいとお願いしました。
だから何も知らずに手術は終わりました。
ただ、時間が長くなったせいか終わり頃の様子は、解かりました。手術が終わり、先生にありがとうございます!生きていてよかった!と言うと先生がドキドキしちゃったよ…と言ってました。
konnaguai-4
病室に戻り、すぐ麻酔が切れ、まあ!痛かったこと・・・ 痛いよ~~!と泣きながら訴えるとすぐに点滴が施されそのまま眠りの世界に…・
その日は絶食し、翌日から普通食を早速頂くようになりました。
konnaguai-5
翌日には体についていた管が次々に外され段々自分らしくなってきました。
この続きはまた明日…・画像は、病院内のスペースを利用した憩いの場所です…

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://saitamamimi.blog35.fc2.com/tb.php/178-135824a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。